SMBCモビットの金利や審査スピードについて

SMBCグループのSMBCモビット。こう聞くと一瞬「銀行カードローンかな?」と思ってしまいますがSMBCモビットは消費者金融です。CMでもお馴染みなので認知度の高さは言うまでもないと思います。ここではSMBCモビットの特徴申込みの流れ基本情報などについてまとめてみました。

SMBCモビットのweb完結申し込みについて

大きな特徴と言えるのがWEB完結や10秒での簡易審査などです。特徴について詳しく見ていきたいと思います。
SMBCモビットの特徴的サービスのひとつ。ネットで全てを済ませることができカードは発行されません。他社でもWEB完結を行っているところはありますが、SMBCモビットでは「在籍確認のための電話連絡が無い」という点が他社とは違うところ。事情があって電話連絡は困るという方には有難いサービスですね。ただしWEB完結するためには必要な条件があります。

  • 申込みはPCスマートフォンから行う。
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行に普通預金口座があり、その口座への振込み借入れと口座振替による返済に承諾すること。
  • 本人確認書類として運転免許証かパスポートの写しを提出。
  • 収入証明書の写しを提出(源泉徴収票税額通知書所得証明書確定申告書直近2ヶ月の給与明細書のいずれか)。
  • 勤務先確認の書類として、社会保険証または組合保険証と直近1ヶ月分の給与明細書(収入証明書が給与明細以外なら提出必須)を提出。

これら全てを満たしていればWEB完結が可能になります。当日、急に借入が必要になったという方にとっては準備に少し手間がかかる印象はありますね。

SMBCモビットの10秒簡易審査について

SMBCモビットには簡単な「お借入診断」がありますが「10秒で簡易審査」とは別のものです。10秒で簡易審査は事前審査と言ってもよいもので結果が早く分かるのは有難いですね。ただ必ず本審査に通るという訳ではない点はご承知おきください。
SMBCモビットの最短審査時間は30分ですが、急いでいる方に向けて専用のフリーダイヤルが用意されています。お申込み後にフリーダイヤルに電話をしてさらに審査を速めてもらうことができる便利な仕組みです。結果も電話で教えてもらえますし審査が通ればそのまま借入れをお願いすることもできるので、「とにかく急いでいる」という方は活用する価値がありますね。

銀行やコンビニといった提携ATMが多いのも利便性の面では嬉しい点です。しかも三井住友銀行のATMなら手数料無料で利用できます。

SMBCモビットの審査基準について

まずは大きな特徴についてご紹介しましたが、次に基本的な情報をお伝えしていきます。お申込みの条件は「年齢満20~69才の安定した定期収入のある方」です。本人に安定した定期収入があることが必要になります。
当日に振込みで借入する場合は、平日14:50までに振込みの申込みが完了していなければなりませんでしたが、全銀システム稼働時間拡大に伴い2018年10月15日より「原則24時間・最短3分」で振込可能となりました。

振込指定口座の金融機関が全銀システム稼働時間拡大に対応している場合は、深夜・早朝などの一部の時間帯を除き申込みから最短3分後には指定振込口座への入金が完了します。

ネットで申込み(PCスマートフォン携帯)⇒お急ぎの方専用フリーダイヤルに電話(9:00~21:00)⇒ローン申込機でカード受取り(営業時間をご確認下さい)
という方法もありますが、時間や金融機関が制限されていることを考慮すると、先にご紹介したWEB完結の方法が在籍確認の電話もなく安心して申込むことができます。

  • 金利は3.0%~18.0%と消費者金融では一般的な金利帯ですね。銀行と比べれば高くなりますので金利を抑えたい方、長期返済を見越している方は低金利の借入先もご検討下さい。
  • 借入金額は1万円~800万円と高めになっています。審査に通れば誰でも800万円まで借りられる訳ではなく人によって幅がありますのでご留意下さい。
  • 必要書類は本人確認書類、場合によっては収入証明書も必要です。WEB完結については先に述べた通りの条件になります。
  • 申込み方法は、PCスマートフォン携帯電話ローン申込機郵便です。ローン申込機と郵便の申込み以外は平日19:00までの申込みで最短30分審査が可能になります。
  • 店舗はありません。電話申込みでオペレーターが対応するのは9:00~21:00です。WEBなら24時間申込み可能になります。
  • ローン契約機は場所により営業時間が異なるため事前にご確認下さい。WEBローン申込機はメンテナンスがありますのでご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ