MENU

住宅ローンを借り換えたいときはどうしたら良いの?

住宅ローンをカードローンに借り換えることも一応可能です。方法としてはカードローン審査をし、通過すれば契約をして借り入れしたお金を住宅ローンの返済に充てればいいのです。
しかし、住宅ローンをカードローンに借り換えをするのはありえない選択です。 カードローン審査をするときには住宅ローンの負債については考慮しないので、審査通過に関しては住宅ローンからカードローンの借り換えとなると割と簡単に通過します。
ですが、返済負担は確実に大きくなるので、住宅ローンの借り換えは他銀行の住宅ローンに借り換える様にしましょう。

 

住宅ローンの借り換え審査で重要なポイント

住宅ローンの借り換えはカードローンの借り換えほど単純なものではありません。まず、借り換える額が大きいことが借り換えの難易度を跳ね上げるポイントです。
住宅ローンはカードローンやフリーローンの様に金利が高くありません。固定金利にしても変動金利にしてもほとんどの住宅ローンのプランが1.00%を切っています。その為、住宅ローンの借り換えにはローン残高が1000万円を超えていないといけないなどの制約が付いている可能性があります。
話が逸れましたが、住宅ローンの借り換えはカードローンや住宅ローンの借り換えよりも制約が多いことと、動く額の大きさから審査が厳しくなっていることが分かりますね。

 

だからといって審査の基本は変わりません。あなたの信用情報の潔白と、年収・勤続先・勤続年数・勤務形態・保険証の形態・現在のローン残高(住宅ローンに限らずマイカーローンやカードローンなども含み)・現在の返済状況などの属性の兼ね合いを見られます。
住宅ローンの場合、額が額なだけに特に年収の制限や保険に加入できる可などの条件も審査時に盛り込まれているので、カードローン借り換えとは比較にならない程審査難易度は跳ね上がっているといえるでしょう。

 

住宅ローン借り換えで押さえておきたいことは4つ。
・安定した収入(年収300万円以上)が今後続く安心感を与えること。
・健康な体(保険に加入できる)をもっていること。
・現在済んでいる住宅(残高の残っている住宅)の価値が高い状態を保っていること。
・住宅ローン担当者の心象を良くする身なり、言動に気をつけること。

 

この4つは住宅ローン借り換え審査を受ける上で確実に押さえて起きたい点です。

 

 

住宅ローンをカードローンに借り換えると損をする理由

住宅ローンをカードローンに借り換える場合、持ち家があることによって信頼を得られやすくプラス条件となります。しかし借り換えをして本当にメリットがあるのかをまず考えなければいけません。

 

住宅ローンは金利が安く設定されているためにカードローンに借り換えるとほぼ確実に損になります。低金利で有名な銀行カードのローンでも住宅のローンの様に金利が1%を切っていることはありません。住宅ローンは借りる金額が金額なので、設定金利はカードローンの金利よりはるかに低くなっているます。
住宅ローンの契約のプランにもよっては高めの金利になっている場合もありますが、カードローンに借り換えを考えているなら必ずシミュレーションをしてください。

 

住宅ローンをカードローンに借り換えるデメリット

その他にも住宅ローンをカードローンに借り換えるデメリットとしては、住宅のローンの残債が多い場合にカードローンでは全額返済できる分を借りられない可能性があるということです。
カードローンの場合は非常に限度額の高い所でも最高額が1000万程度になります。しかもこれは長年利用していてかなり信頼のある方のみの限度額です。
まず初めて利用する場合には100万も借り入れができない可能性があるので借り換えという目的を達成できなくなります。
あとカードローンを利用するとその情報が信用情報に掲載されてしまいます。
次にまた別のカード会社からローンを利用しようと思った時には今現在利用しているカードローンの存在がマイナスになる可能性もあるのです。
同じ借金の額でも住宅のローンなら全くマイナスにならなず新たに簡単にカードを作ることができます。
そして住宅のローンを完済した時には色々な手続きが必要になります。そのための諸経費がかかることも考えてください。
あと絶対にしてはいけないのは住宅のローンの支払いが出来ないことが原因でカードローンの契約をすることです。確かにこれで一時しのぎにはなりますがボーナスのあてなどが無ければ最終的に返済が滞り破産になってしまいます。
家も取られてしまうのでこのような使い方はしてはいけません。
基本的にメリットはないものと思ってください。
残債の額が非常に少ない場合や、すぐにでも住宅のローンを返済して家を売りたい場合などに利用するといいでしょう。
これらの理由以外では借り換えは特にメリットはありません。