MENU

三井住友銀行カードローンの審査前に知りたい事とは。

3大メガバンクの一つである三井住友銀行は、多くの利用者と預金残高を持つ日本屈指の銀行です。
大手銀行の信頼性と安心感でブランドイメージも高い三井住友銀行が提供するカードローン商品が三井住友銀行カードローン。低金利で高額融資可能な借り換えに向いているカードローンを紹介していきます。

三井住友銀行カードローンが借り換えにおすすめな理由

三井住友銀行カードローンが借り換えにおすすめな理由は何と言っても金利の低さと最高限度額の高さです。借り換えをするときには複数の金融業者から借入をしていることの方が多いですよね。
複数業者からの多重借入を行っている場合借り換えのときに必要な金額は大きなものとなります。借り換えで必要な条件は現状の借金の金利負担が減ること、返済負担が減少すること、審査に通ることです。
三井住友銀行が設定している年利は銀行カードローンの中でも低いものですし、最高限度額も他社を上回る金額となっています。さらには借り換え・おまとめに積極的な三井住友銀行カードローンは、審査通過率を除いて借り換え先として最高の条件を持っているといえます。

 

三井住友銀行カードローンのは借り換きなの?

三井住友銀行カードローンは借り換え向きなの?

 

 

>公式HPはこちら<

 

金利 最高限度額 借り換え・おまとめ
4.0%〜14.5% 800万円 OK!

 

金利も実質年率4.0%から14.5%という低金利ですので借り換え用のカードローンの1つに最適です。また、借り入れ可能金額も最大で800万円と銀行カードローンとしては申し分のないスペックで高い人気を得ています。
低金利で高限度額であり、そのうえ即日融資が可能であるわけですから借り換えの条件である低金利、高限度額、総量規制対象外といったものをすべてクリアしていることになります。
口座開設も不要なので、借り換えを考えたときにすぐに申し込みを行うことが出来ます。
返済にかかるATM手数料も提携ATMなら無料で利用することが出来るので、気軽に利用することが出来ます。

>公式HPはこちら<

 

審査は甘い?厳しい?

三井住友銀行のカードローンは、一本化や借り換えに最適なわけですが、低金利と好条件なだけに審査が厳しいのではないかと心配される方も多くいます。
銀行のカードローン審査は一般的に厳しいというイメージがありますね。
実際その通りなのですが、三井住友銀行カードローンの審査は、消費者金融のプロミスをSMBCコンシューマーファイナンスを三井住友フィナンシャルグループの完全子会社としています。
これにより、リテール・個人融資に資源を投入して融資を積極化して利益を上げる方向にシフトしています。
※銀行カードローンの多くは安定した高収入の方に対して大口の貸付を行い、利益を取る形をとっています。しかし、三井住友銀行カードローンは、小口の融資を多数行って利益を得る形をとっているということです。

 

大手消費者金融のプロミスも社名をSMBCコンシューマーファイナンスとし、ここが保証会社となり三井住友銀行カードローンの審査はこのSMBCコンシューマーファイナンスが行っています。
※カードローンの審査は自社で行うことが出来ません。そのため、保証会社はグループ系列の子会社などが行うことが多くあります。

 

このことから審査方法、基準が変わりつつあり、低所得の方の借り換えやおまとめローンとしても審査を通過している人は増えてきています。
しかしながら、信頼のおける銀行でもありますので、最低限の審査基準(属性・異動情報の有無・いままでのカードローン利用実績等)を満たしていないと利用することが困難になってしまいます。
審査で重視される項目としてはまず、多重債務の有無がポイントとして挙げられます。所有するクレジットカードの枚数や利用状況の審査により、既存のカードローンにおいて滞納や延滞などがあれば審査に通らないことも考えられます。

 

その他、年収と借入金額のバランスが悪く借入金額があまりにも多いと審査を通過するのが難しくなります。総量規制の制約を受けない銀行ではありますが、返済能力に問題があると見なされれば審査に通らないこともあります。
とはいえ他の銀行と比べても審査が通りやすくなったのは確かですので初めから諦めずに良く調べて、検討してみることが必要です。
優れたローンではありますが、申し込みの際には万全の計画と誠意を持って取り組みたいものです。