お金を借りる方法はたくさんあります。しかし今すぐに借りたいとなると選択肢が絞られます。

このページでは銀行カードローンや消費者金融のキャッシングだけでなく、お金を借りる方法の全てをまとめました。

即日でお金を借りるなら消費者金融がおすすめ?

お金を借りる時に多くの方が即日融資を希望しています。しかし、結論から言って今すぐ借りれるのは消費者金融のみです。

銀行カードローンはどれだけ早くても最短で翌日に審査の回答が来ます。ですから申し込み当日中にお金を借りることは出来ません。

また、中小消費者金融も即日融資に対応していないところがほとんどですので、即日融資を受けるなら大手消費者金融のみとなります。

プロミスなどの大手消費者金融では、アプリローンによってお金を即日で借りることができます。アプリローンは面倒な書類の送付なども省けるだけでなく、自動契約機に行く必要もなくお金を借りる敷居がぐんと下がったと言えます。

即日融資が可能なため、審査から借入までスピーディーに完了することができます。またアプリを利用しての返済も可能ですから、わずらわしいATMまわりをする必要もなくなります。

銀行のカードローンなら低金利でお金を借りれる

今日中にお金を借りたい場合は選択肢から外れますが、銀行のカードローンであれば低金利でお金を借りられます。

消費者金融でお金を借りた場合、少額であれば金利は大体18%前後となります。しかし銀行カードローンの場合は15%以下で借り入れが可能です。

中には最高金利が12%という銀行カードローンも存在します。また銀行カードローンは銀行法が適用されますので、総量規制にかかりません。

つまり年収の3分の1を超えて融資を受けることが可能です。しかし銀行による過剰貸し付けの問題が指摘されてからは、総量規制以上に貸し付けることに対して消極的になっています。

また銀行カードローンにもデメリットはあります。それは、即日融資に対応していないことです。どんなに少額であっても、銀行の審査結果が通知されるまでには1日以上かかるからです。

会社への在籍確認も必須です。一部の消費者金融では在籍確認を電話連絡以外の方法で行ってくれますが、銀行カードローンの場合は必ず勤務先に電話をして確認します。

ですから会社の同僚や上司にカードローンの申込をバレたくないと考えている方には、少しリスクがあります。

また一般的に銀行カードローンの審査は、消費者金融の審査より厳しいという問題もあります。

郵便局なら審査なしでお金を借りれる?

郵便局でお金を借りる場合はゆうちょ銀行を利用します。ゆうちょ銀行は全国の郵便局2万4000局で利用が可能なため、借入、返済共に大変便利です。

また総合口座を利用して、定期預金の額面を担保に自動貸付を利用することができます。万一残高不足で返済遅延が発生するような場合も、そのリスクを回避することができます。

しかし、自動貸付を利用してお金を借りる場合は担保が必要になります。なぜ自動貸付がおすすめかというと通常よりも金利が下がるからです。

担保になりうるのは定額預金や定期預金、国債、財産形成貯金です。最大で300万円を借りることが可能ですが、もっとたくさん必要な場合は見送ることになります。また、自動貸付のメリットとして挙げられるのは審査がないことです。審査がない為に、信用情報に傷がつくリスクを回避できます。

とはいえ担保があるくらいなら、お金を借りる方法を探したりはしないでしょう。ですから、ほとんどの方にとってこの方法は現実的ではないと言えます。

また、ゆうちょ銀行には「したく」というカードローンのサービスがあったのですが、こちらは終了してしまいました。

無担保で借りるとなると、パーソナルローン「夢航路」を利用することになります。

[親孝行型]というのもありますが、こちらは変動金利ですので今回は割愛します。目的型の「夢航路」は固定金利で8種類のプランがあります。

融資金額は10万円以上1,000万円以内、融資期間は6ヶ月以上10年未満とゆとりのあるプランです。