未分類

専業主婦でも銀行や消費者金融で借り換えすることはできるの?

専業主婦が消費者金融を利用する時に、どうしても問題になるのが総量規制です。

専業主婦はそもそも無収入の扱いになりますし、パートの場合も年収が低い為、借りれる額に限度があります。

しかし、もし借り換えしたいということであれば心配はありません。

このページでは、専業主婦やパートがお金を借りる方法についてまとめます。
<% index %>

専業主婦でも消費者金融で借り換えすることが可能

結論から言うと、銀行カードローンや消費者金融で借り換えすることは可能です。

総量規制とは、年収の3分の1以上借りることができない制限のことです。

しかし、所得が低い場合も借りれるケースが存在します。

それが、総量規制の例外と除外です。ある一定の条件に当てはまれば、総量規制対象外になるルールです。

この特例措置に当てはまれば、消費者金融からの借り入れも可能になります。

顧客に一方的有利となる借換えであれば問題ない

簡単に説明します。

例えば、借り換えをした場合に、返済にかかる金利や返済額が少なくなるようであれば、消費者金融でも借り換えすることができます。

しかし、借り換えに積極的でない消費者金融の場合は受け付けてくれません。

旦那の収入証明が不要の銀行カードローンも存在する

年収のない専業主婦がお金を借りるときに問題となるのは、収入証明書が出せないことです。

ですから、銀行が総量規制対象外であっても、専業主婦に対しては貸付を行っていない銀行がほとんどです。

しかし、配偶者に安定した収入があれば貸してくれるところも存在します。しかも、夫の収入証明が必要ない銀行も存在します。

消費者金融で借り換えをしたところで、金利や返済額の負担が軽くならないのであれば意味がありません。

また、家計のやりくりの為に旦那に内緒で借り換えたいという場合もあるでしょう。

その場合はやはり銀行がおすすめです。

例えば、楽天銀行スーパーローンは、専業主婦に対する貸付にも積極的です。ですから、審査に通りやすいと言えます。

また、楽天銀行スーパーローンの場合は、配偶者の同意書も不要です。

収入証明書なしで契約できるため、家族に内緒で審査することができます。

専業主婦の場合、借入限度額が制限されます

専業主婦が銀行のカードローンを利用する場合、基本的に借り入れ限度額が低めに設定されます。

借入できたとしても、10万円が限度ではないでしょうか。

しかし、楽天銀行スーパーローンの場合は、借り入れ限度額が30万円から50万円となります。

この金額であれば、借り換えにも対応できる金額です。

専業主婦やパート主婦の方は、それほど高額の借入をしていません。おおよそ1万円や3万円といった少額の方もいれば、多くても10万円という方が殆どです。

もし、夫の給料日までのつなぎとして消費者金融で借りたのであれば、少額でも銀行に借り換えるのをおすすめします。

複数社から借り続けると、多重債務者になってしまうばかりか、返済が複雑になる為、返済遅延を起こしてしまう可能性もあります。

返済遅延を繰り返していると、ブラックリスト入りしてしまうこともあります。既に複数社から借入している場合は、早めにおまとめローンをしてしまった方が良いでしょう。