銀行のカードローンはどこがおすすめ?|cgbresil.org

銀行のカードローンはどこがおすすめ?|cgbresil.org

あなたは今までにも、銀行カードローンの審査を考えたことがあったかと思います。しかし返済を楽にしたいという気持ちが先行して、どこを選んだらよいのか分からない気持ちも強いと思います。そんなあなたのために、カードローンの審査で失敗しない情報をお伝えしていきます。

あなたの状況に合わせて、ベストな選択肢を紹介しますので参考にして下さい。金利の低いところを選べば失敗することはありえないのではと、皆さんがそのように考えているかと思います。

例えば金利17.5%〜3.5%のところで50万円の借金をしているとします。

  • ・金利14.0%〜4.0%のA銀行
  • ・金利18.0%〜4.5%のB金融

今までであれば、A銀行を選択するでしょう。しかし、銀行に対する締め付けが厳しくなった為、銀行での審査が出来なくなってしまいましたよね。

一番危惧すべき点は、銀行は審査のハードルが上がっていることです。審査に落ちると、信用情報に傷がつきますので身動きが取れなくなってしまいます。ですから、消費者金融のカードローンを選択するのもおすすめと言えます。

  • 借入金額から金利を予想して選ぶ事も重要

借入金額から選ぶ方法です。少額の借入なら、最高金利が低いところで借入をします。高額なら、最低金利が低いところで借入をするようにしましょう。金利は借入額によって変動します。借入金額に対して設定される金利をチェックしておかないと失敗に繋がります。

  • 完済総額が減少するところを選ぶ

場合によっては完済時の返済総額が増加してしまうことがあります。月々の返済額が減るのは望ましいことです。しかし、総返済額が増えないようにするのも大切です。既に複数社から借入している場合は、全ての金融業者に対して上限利息を支払っていることになります。ですから、利息の支払額が大幅に少なくなります。しかし、最低金利を確認するだけで申し込みするのは危険です。

以下の4点をチェックしてください。

  • 金利の負担が減る
  • 月々の返済額が下がる
  • 総返済額が減る
  • 審査に通過する

この条件を満たせば、返済負担を軽くすることができます。

積極的に応じてくれる数少ない銀行
楽天銀行のカードローン

  • ・カードローンに積極的
  • ・銀行ならではの低金利
  • ・スマホで申し込みが完結できる

金利 最高限度額 評価
1.9%〜14.5% 800万円
ネット銀行ならではの低金利が魅力の楽天銀行のカードローン。初めての方でも積極的に応じてくれる数少ない銀行です。

パソコンやスマホの簡単な手続きで、普段使っている登録口座の利用が可能です。

また、借り入れや返済に関しても、全国のコンビニATMで対応しています。

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • イーネット
  • イオン銀行

上記のATMが利用可能です。

消費者金融ほどのスピード感はありませんが、間違いなく審査スピードが魅力のカードローンです。


専用商品
即日対応を求めるなら
アイフル
  • ・審査通過率が高い
  • ・消費者金融の中で唯一web申込ができる


金利 最高限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円
アイフルは返済負担を少しでも軽くしたいという方におすすめです。

オリックス銀行のカードローン





  • 高額融資に積極的
  • ・業界トップクラスの低金利
  • ・月々の最低返済額は7000円(借入額30万円以下の場合)
  • ・保証会社が2社ある
  • 提携ATMの数は全国に100,000台以上(利用手数料無料)


金利 最高限度額 評価
1.7%〜17.8% 800万円
高額融資に人気なのがオリックス銀行のカードローン。

最高限度額の金利は業界最低水準の低金利です。
オリックス銀行のカードローンを利用することで、他行よりも金利や返済額を少なくできます。

24時間web受付をしている為、いつでも申込が可能です。

詳しくは、オリックス銀行の審査時間や収入証明書不要なのか調べましたをご覧ください。
プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
  • ・審査時間最短1時間
  • ・おまとめローンは総量規制の対象外
  • ・最短即日融資可能

金利 最高限度額 評価
6.3%〜17.8% 300万円
他社の借り入れを肩代わりしてもらい、月々の返済額や利息を含めた借入総額を圧縮する目的であれば、プロミスのおまとめローンもおすすめです。プロミスには、フリーローンとおまとめローンの2種類のサービスがあり、おまとめローンを選択した場合、総量規制を超える金額の借り入れを行えるメリットがあります。

ただし、銀行カードローンによる借り入れはまとめることができない点や急遽お金が必要なった場合に追加の融資を受けることができない、融資限度額が300万までとデメリットもありますので、目的や状況にあわせて活用しましょう。
SMBCモビット

  • ・口座開設不要
  • ・審査時間最短30分
  • ・即日融資可能

金利 最高限度額 評価
3.0%〜18.0% 800万円
WEB完結の場合は電話連絡も郵送物もないのがモビットです。とにかくばれたくない人に向いています。

最高限度額も高いため、資金使途自由で利用することも可能です。特にカードレスのメリットは大きく、原則24時間最短3分で振込が可能です。

自動契約機でカード発行を行えば原則即日での融資が可能です。ただし申し込みの時間が遅い場合は、審査を翌日に回されることもあります。

その場合は翌日以降の審査になりますのでご注意ください。

口コミや審査通過率を加味すると、本当におすすめできるのはこの3社。
金利や借入の条件によっては、もっと条件の良い銀行や消費者金融も存在します。

しかし、失敗したくないと考えているのであれば、融資に積極的なカードローンを選んでくください。

低金利で借入するなら
楽天銀行のカードローン

  • 金利:1.9%〜14.5%
  • 最高限度額:800万円


最低金利は、オリックス銀行のカードローンの方が低金利です。しかし、よほどの高額な借り入れでない限り、最低金利が適用されることはありません。

ですから、実質14.5%以下と考えれば、かなりの低金利であることが分かります。

審査通過率が高い楽天銀行のカードローンを個人的にはおすすめしたいところです。


オリックス銀行のカードローン

  • 金利:1.7%〜17.8%
  • 最高限度額:800万円


高額融資でも積極的に審査をしてくれるのがオリックス銀行のカードローン。返済負担が低下する可能性が極めて高いカードローンです。保証会社を2社持っていることもメリットです。しかし、楽天銀行のカードローンよりもハードルは高いと言えます。

銀行カードローンの審査は厳しいのが現状です

今までは、銀行カードローンの方が審査が有利でした。国が貸金業法の改正を行ったことで、銀行のカードローンの貸金業務が消費者金融に比べて有利になったからです。

あなたは消費者金融の高い金利を負担しながらも、きちんと返済をしてきました。しかし、銀行のカードローンの審査においてはあなたの信用情報が鍵を握っています。

信用情報には以下のような内容が関係します。

  • 属性
  • お金を借りた時の利用実績
いわゆるクレヒスや携帯電話料金の支払遅延が内科も確認されます。属性とは、収入や勤務先等の情報のことです。つまり、公務員や大手企業に勤めている場合や、安定した高収入があれば有利ですよね。

また、勤続年数が長い場合も信用できます。逆に、勤務先が中小企業で、勤続年数も1年未満となれば、属性が低く見られます。

なぜなら、収入が低い場合も多く、いつ退職するかもわからないからです。つまり、返済能力に欠けると判断されます。しかし、例え収入が低くても、勤続年数が長ければ安定していると判断される場合もあります。

一定の返済能力があると判断されますので、勤続年数は大変重要です。クレジットカードや各種ローンの利用実績も見られます。

全てお金を借りていることになりますので、きちんと返済されているかを確認するわけです。きちんと返済していれば、債権者に対して信用を積み上げているということになります。ですので、借金を踏み倒したことがある場合は最悪です。

  • 返済遅延
  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産等

このような場合は、CICやJUCCといった信用情報機関に異動情報が登録されています。いわゆるブラックリスト入りです。ブラックリスト入りした場合は、まず銀行のカードローンの審査に通ることはありませんので、要注意です。

カードローンに落ちた場合はどうすれば良いの?

借入をする前に気を付けることは以下の3点です。

  • 短期間における多重申込み

短期間で多重申込みをするとまず審査は通りません。なぜなら、審査に通ればどこでも良いというのがバレバレだからです。

  • 1ヶ月以内に3社以上申し込みをしている人

これは普通ではありませんので警戒されます。

  • 金融事故を起こしている

いわゆるブラックリストに載ってしまった場合です。一度登録されてしまうと最低5年は消えません。
信用情報は金融業界全体で共有される情報です。一度登録されてしまうと、全ての信用を失うことになります。

  • 既に多重債務の度を越している

5社以上の借り入れがあると審査落ちすると言われています。このような場合は、債務整理も検討すべきです。
このページの先頭へ戻る